FolkSong@RAG
民謡・童謡・唱歌をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

桜を歌った名曲。おすすめの人気曲

春になると桜ソングを耳にする機会も多くなりますよね!

春の風物詩である桜は世界に誇れる日本の文化で、桜をテーマにした曲もたくさんあります。

そこでこの記事では桜の季節に聴きたい桜ソングをたっぷり紹介していきますね!

桜ソングはたくさんありますが、探してみると定番曲ばかりでなかなかほかの曲が見つからない!!なんてこともあるかもしれません。

誰もが思い浮かべる大定番ソングだけでなく、隠れた名曲までじっくりと楽しんでください。

桜を歌った名曲。おすすめの人気曲

桜ロックCHERRYBLOSSOM

続いて女性バンドの元気よくかっこいい1曲をご紹介。

ロックなテイストのこの曲ですが、春の切なさや出会いや別れをうたった、男性にも女性にも共感されるようなすてきな1曲で、この季節のイベントなどにもとてもおススメの曲です。

cherry Blossom10-FEET

10-FEETのファーストアルバムに収録されているこの曲。

ライブでは最後の曲、アンコールの曲としても定評があります。

人生を桜の花、木に例え、出会いと別れを歌っています。

人生の応援ソングでもあると思います。

さくらんぼ大塚愛

「純なもの」としての「さくらんぼ」をイメージしたとってもかわいい純愛ソングで、女の子のハートをわしづかみにしたこの曲。

昔もこれからも愛のパワーで幸せにやってゆくのよ!

という元気いっぱいのかわいらしい曲です。

ひらり大原櫻子

2017年公開の実話を元にした映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の主題歌にもなっていたこの曲、本人も映画に出演していました。

しんみりとしたバラードですが映画の内容とリンクしていて春を思わせる切ない1曲になっています。

さくらびとSunSet Swish

佐伯大介の声が切なくて美しい、名曲の桜ソング。

誰の心にも残るバラードは聴く人の感情に直接訴えかけてくれます。

卒業や入学など、いろんな人の心の動きを絶妙に表現しているのが印象的な1曲で、だれにでもオススメです。

桜の木になろうAKB48

AKB48の20作目のメジャーシングル、センターは前田敦子が務めた「桜の木になろう」。

アイドルの曲だし、とあまり聴かれない方もいるだろうがこちらは卒業や旅立ちを歌った曲でもあり、視点を変えれば「子供の成長を見守る」、そんな親目線でも感動できる曲です。

ガチ桜湘南乃風

2010年発売の湘南乃風10枚目のシングルの「ガチ桜」。

それにしても「ガチ桜」ってすごいタイトルですね。

一度聴いたら忘れませんこのタイトル。

歌詞もがっつりどっぷり湘南乃風らしくイケイケなはい上がりサクセスストーリーを思わせる内容です!

サクラ色アンジュラ・アキ

アンジェラアキの第二の故郷、ワシントンで作られた曲だそうです。

桜といえば日本というイメージですが、日本からワシントンに贈られた桜並木も今や立派な桜の名所だそうですね。

MVもすてきで、桜の舞い散る中のピアノ演奏が印象深い曲です。

春の歌藤原さくら

2017年公開「3月のライオン」後編の主題歌だったこの曲。

スピッツのカバー曲でもあります。

歌う人が違うと(性別が違うと)こんなにも違うのか!

と思わせてくれる曲でもあります。

映画にもとてもマッチしていてアレンジもよいカバーだと思います。

サクラサクET-KING

先日、若くしてこの世を去ったイトキンさんの歌声が、今となってあまりにも切ない1曲です。

恋の歌ではあるのですが、イトキンさんとファンとの思い出の曲のようにも思える切ない曲ですが、いつまでも聴き続けたい1曲ですね。

夜桜お七坂本冬美

1994年リリースのこの曲。

聴いたことがある方も多いのではないでしょうか?

坂本冬美さんと言えばジャンルは「演歌」なのですがこの曲は正統派の演歌というよりは「新しいジャンルの演歌」のような気がします。

女性が歌う桜ソングですがかっこよくて若い方にも聴いてもらいたい1曲です。

清水翔太

2010年リリースの清水翔太の「桜」。

しっとりとした歌声、切ない歌詞、そして桜をイメージさせることによって物悲しさが募ってるくるようなラブソングです。

こんな恋愛をしたことがなくても切なさがこみ上げてきそうです(笑)

桜の季節EXILE ATSUSHI

EXILE ATSUSHIの3枚目のアルバムに収録されたこの曲。

すべての卒業生へ、と卒業ソングとしてアルバムからシングルカットされています。

合唱コンクールの曲としても有名です。

EXILE ATSUISHIの美声で余計に泣ける卒業&桜ソングです。

サクラミチ東方神起

東方神起のユンホとチャンミンの美しい歌声が印象的な1曲。

彼らはダンスだけでなく、このような切ないバラードも歌いこなす一流のエンターテイナーですね。

切なくて美しい気持ちをうたった楽曲は、何度も聴きたくなるような素晴らしい歌唱力です。

桜の時aiko

出会いの曲でも別れの曲でもない、ずっと前から一緒にいた彼とこれからも一緒に生きていきたいという前向きな曲。

aikoらしいかわいらしい曲調と歌声で、女性の共感を多く得る曲。

ずっと一緒にいたい気持ちが表れています。

チェリーブラッサム松田聖子

1981年発売の松田聖子の4枚目のシングル「チェリーブラッサム」。

80年代のアイドル全盛期、王道アイドルソングですね。

サビ前の物悲しい感じからサビに抜けて一気に明るくなる感じが素晴らしいです。

作曲はチューリップのリーダー、財津和夫さんです。

Sakuraレミオロメン

別れではなく、新しい出発というような前向きな春の歌です。

君のことが好きだという気持ちを前向きに歌っています。

曲調も明るく楽しげな雰囲気で、君と一緒にいたいという気持ちをストレートに歌っていて明るい気分になります。

さくら〜永遠〜MINMI

MINMI16枚目のシングル「さくら〜永遠〜」。

MINMIらしい関西弁混じりのジャパニーズレゲエソング。

フィーチャリンクが元旦那さんでもある若旦那率いる湘南乃風です。

桜の歌はしっとりしたものが多いですけどこちらは元気ノリノリアゲアゲの桜ソングです。

SAKURAグッバイSCANDAL

2009年に発売されたSCANDALのセカンドシングルです。

この頃はまだ制服で活動していた頃ですね。

卒業して地元を離れるけど前を向いてがんばろうという旅立ちソングですがメロディも明るくポップです。

等身大な感じが若々しい桜ソングです。

桜の花、舞い上がる道をエレファントカシマシ

2009年発売のエレファントカシマシ36枚目のシングル。

桜ソングは定番的に舞い散る様を切なく歌うものが多いのですがこちらは「舞い上がる」桜の花びらを歩いていこうという前向きソングです。

桜ソングの中ではめずらしい「ガッツある」曲でエレファントカシマシらしい1曲です。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます